医療法人久仁会では、新型コロナウイルス感染症に特化した感染対策・業務継続計画(BCP)にて、4月15日以降、面会制限をさらに厳密化して対応してきました。

 令和2年6月15日以降、チェックリストによる感染リスクの評価をもとに面会を制限させていただきながら、やむを得ない面会については対応し、1月までに約150名の方のご面会に対応、8月から開始したオンライン面会ものべ約170回実施しております。
しかしながら令和3年1月8日に1都3県に、1月13日には7府県に緊急事態宣言が発出され、四国でも感染者の報告が増加、徳島県でも感染者数が急増する事態となりました。
このため、大変不本意ながら面会制限を強化せざるを得ないと判断し、1月13日からは、病棟/病室での面会について、やむを得ない場合であっても、比較的発症者の少ない「鳴門市内に継続して14日以上在住または滞在している方」で、チェックリストで問題の無い方のみに限定して対応させていただいております。
幸い現在まで本法人内および関係者での発症者や要経過観察者は発生しておりませんが、安心安全な療養生活の維持のため、引き続きご協力をよろしくお願いいたします。