地域での医療・介護・福祉連携のより一層の充実に積極的に関与し、地域包括ケアシステムの要となり、 「安心、安全、住んでよかった」まち作りに貢献したいと思っています。
  • HOME »
  • 所属団体

医療法人久仁会は以下の団体の会員です。

(順不同)

日本慢性期医療協会(http://jamcf.jp/)
(旧名称「日本療養病床協会」)

日本療養病床協会は1992年9月26日、高齢者医療に取り組む医療機関の団体として設立されました。
高齢者医療・介護のサービスの質を向上させ、より良い高齢社会の創造を目的に幅広い活動を行っています。
平成20年7月2日第32回通常総会におきまして、名称を「日本療養病床協会」から「日本慢性期医療協会」に改称いたしました。


老人の専門医療を考える会 (http://ro-sen.jp/)

老人の専門医療を考える会(老専)は、老人医療に志を持つ医師が全国から集まり、昭和58年に発足しました。老専では、独自の病院機能評価を行っております。
久仁会では平成10年から同評価をおこなっております。また、当院での評価結果の一部はこちらに掲載していますのでぜひご覧ください。会員全体の評価の集計結果は老専HPでご覧になれます。


全日本病院協会 (http://www.ajha.or.jp/)

全日本病院協会は、病院の向上発展とその使命遂行とを図り、社会の福祉増進に起用するために昭和35年4月に設立されました。


日本リハビリテーション病院・施設協会 (http://www.rehakyoh.jp/)

時代に即応したリハビリテーション医療確立の為、リハビリテーション医療に対する課題を解決することを目的に、日本リハビリテーション医学会と協力しつつ全国組織を創設したのがこの協会です。(一部抜粋)


全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会 (http://www.rehabili.jp/index.html)

この協議会は、【私たちは、様々な活動を通じて、貴重な情報を交換・活用し、回復期にある患者様にサービスを提供していきます。~患者様の社会復帰というニーズに応えるために~】を目的とした協会です。協議会のHPには全国の協議会会員である回復期病棟を紹介しています。


全国老人保健施設協会 (http://www.roken.or.jp/)

社団法人全国老人保健施設協会(略称:全老健)は、全国にある老健施設の一致協力によって、老健施設の質や機能の向上・発展と、社会福祉の向上・増進に寄与する目的で設立された全国組織です。(抜粋)


全国老人デイ・ケア連絡協議会 (http://www.day-care.jp/)

全国老人デイ・ケア協議会は、会員の情報交換、介護、デイサービスのクォリティ向上と環境整備を目指しています。

お気軽にお問い合わせください TEL 088-687-1234 9:00 - 17:00

PAGETOP
Copyright © 医療法人久仁会/鳴門山上病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.